注文住宅とリフォーム

未分類

住宅は私たちにとって、一生に一度の大きな買い物です。様々な大手ハウスメーカーの建売住宅を購入するのもよいでしょう。実際には、大手、中堅、地元工務店など、たくさんのハウスメーカーがいます。建売住宅は間取りや仕様がすでに決まっていますが、建売だけでもたくさんの選択肢がありますので、それだけでも、ぴったりの住宅が見つかります。

もう一つの選択肢は注文住宅です。注文住宅とは、建築主が、自分の希望をいかして計画を立て、施工する会社や工務店と建築請負契約を結んで建築する新築住宅のことを指します。注文住宅で家を建てるということは、建売を購入するのとは根本的に違います。間取りだけでなく、デザインそのものも自分次第ですし、室内の電気設備や建築材料なども、好みやライフスタイルに合致したものを採用することができます。難しいのは図面などを参考に、竣工時の状態を理解しなければならないことです。つまり建ててみないと実際のところは分からないのがリスクです。それを除けば注文住宅で家を建てるのは、とても楽しいものです。

注文住宅で家を建てるならば、リフォームのことも考えて計画を立てることが必要です。注文住宅で家を建てることを決めると、このことを忘れがちです。家は時間がたてば経年劣化し、設備や建材などを補修したり、大幅に手を入れたりする必要が出てきます。また、ライフスタイルの変化に伴い、間取りの変更やリフォームが必要になります。つまり注文住宅で建てるときは、リフォームのことをじっくり考える必要があるのです。