設計段階でリフォームを考慮

未分類

注文住宅を建てると、一般的に、建売住宅よりも建設コストが高くなるといわれています。どうしても施主の注文を個別に入れこもうとすると、経済的に合理的な施工が難しくなりがちです。特殊な部材が必要だ、海外から取り寄せなければならない、他のメーカーの製品を組み合わせなければならない等、本来はまとめてモジュールとして仕入れれば安くできるところを、どうしても一点モノでの注文になってしまうからです。もちろん設計段階で設計事務所や工務店側と綿密に打ち合わせを重ねることで、こうしたことを防いだり、ある程度は納得して進めることも可能です。その代わり、自分のイメージにぴったりの家が完成したら、それはもう満足度は最高です。

ここで大事なことがあります。自分の希望を設計に反映させることは大切ですが、そのときに、補修やリフォームするときのことを考慮することを忘れないようにしてください。テレビで放映されているリフォーム番組でも分かるように、メンテナンスやリフォームしやすいように、それでいて自分たちの思いを反映させるのは、生易しいことではありません。その家に何年住むのか、家族構成はどうなっていくのか、自分たちのライフスタイルはどうか、よく考えておくことが注文住宅でよかったと思えるカギになります。